面接時の服装や会社での服装

新卒で就職活動した時にも、リクルートスーツを着用したと思います。
学生の時であれば、就職指導の先生たちに厳しいチェックを入れられた人もいるでしょう。
第一印象の見た目は大切です。
見た目で採用を断られては、悲しいですね。
シャツがよれよれになっていてもいけませんね。
新卒時と同様、転職時の面接にも、スーツは必要でしょう。
リクルートスーツをいざ出してみると、サイズが合わなくなっていることがあります。
前日に、そのことに気が付いたなら大慌てをすることになります。
前もって、スーツが合うかどうか、さらには、見合った靴が履けるかどうかなども合わせて確認しておきましょう。
リクルートスーツでは、シングルボタンのスーツを使用すると好感度があります。
ダブルボタンだと、偉そうなイメージを抱くようです。
さらには、派手さや格好よさより、フレッシュな感じが転職時にも好まれるでしょう。
男性であれば、ワイシャツは白色がフレッシュ感を与えます。
女性も、白が一番無難ですが、女性らしさを求める会社であれば、薄いピンク色であれば、着ていくことができるでしょう。
新しく購入する場合、リクルートスーツにも選び方があります。
色は黒、紺、グレーなどを選んでおきましょう。
女性にはパンツスーツとスカートがありますが、スカートの方が好まれる傾向にあります。
靴下も、男性であれば、黒の靴下にして、くるぶしまでの短い靴下は避けます。
女性はストッキングを着用しましょう。
カバンにも気を配ります。
リュックサックで行く人はいないと思います。
黒や茶色などで、A4サイズの書類が入る大きさのカバンがいいでしょう。
高すぎるものでなくてもいいですが、安すぎるとすぐダメになりますので、使い勝手の良いものでしっかりしたものを選びましょう。
さらには、こってりした飾りがあるものではなく、シンプルなものがいいでしょう。
靴は、長く歩きますので、足が痛くならないもので、これも安すぎるものではなく、いいものを買いましょう。
服装自由の会社も多くなっていますが、ビジネスカジュアルとよばれる格好をする必要があります。
制服のない会社でも、ジーンズや、ティシャツなどは、好まれません。
男性であれば、襟付きのシャツとチノパンなどを着用しましょう。
女性の場合はスカートにするときには、ロングスカートのような、もしかしたら引っかかって転ぶ危険性のある服ではなく、膝丈のスカートを着用しましょう。
靴は、ヒールの高すぎるものではなく、3センチから5センチまでのものが無難です。