退社時の注意点

転職を考えるときには、今の仕事をやめたい理由がおありでしょう。
いじめや人間関係がうまくいかないこともありますが、それを理由にしてやめたくはないでしょう。
「仕事がつまらないのでやめます」というのも、ちょっと気が引ける理由ではないでしょうか。
よく耳にする退職の理由は、ご主人の転勤や病気治療、派遣や紹介予定派遣であれば、契約の満期などです。
独身者であれば、寿退社や、語学のための海外留学も耳にします。
ネガティブな退職理由よりは、ポジティブな退職理由の方が好まれるように思います。
「人間関係や仕事がつらいのでやめます」というと、「他でも一緒だ」とか、「他の仕事もやっていけない」といわれる可能性は大いになりますし、言われる側もさらにネガティブになりたくなるでしょう。
上司によっては辞めるときに、渋ったり、文句を言ったりする人もいるかもしれませんね。
タイミングは難しいですが、気分のよさそうなときを見計らいたいものです。
うまく使えるためには、その人がいつ時間があるか、観察するのもいいでしょう。
すごく忙しい時間帯に、辞めるといえば、怒り出すかもしれません。
さらに、仕事のタイミングも切りのいい時がいいでしょう。
企画が始まる前や、終わって直後の何もないときなどは、いいタイミングと言えます。
始まってしまってからでは、中途半端に投げ出すことになりますので、引継ぎに手こずることがあるでしょう。
辞める前には、上司などに早めに言っておきましょう。
契約書などで、期間が設けられているのであればその期間までに伝えるようにします。
たいていの場合は、最低1か月前くらいでしょう。
会社側も、代わりの人を雇うなり、別部署から探し出してくるなり、準備が必要になります。
別部署でから呼んできた人であれば、ある程度、会社のことが分かりますし、仕事の流れも分かっている人ですので、お互いの都合を合わせて、やめる前に少しずつ引き継ぐことができます。
部下の紹介もしておくことができるでしょう。
代わりの人を雇うのであれば、新人になりますし、何もわかっていないことが多いので、教育が必要になるでしょう。
会社教育は、教育者がすることになるにしても、実務は教えていかないといけなくなります。
引き継いでおけないと、退社後も電話やメールでの連絡が来て、その対応に追われるかもしれません。
余裕をもって、辞めることを伝えておけば、引き継ぎもしっかり終えて、退社することができますので、退社後は、新しい会社での仕事の集中できるでしょう。